センター試験を意識した勉強方法とは

例えば、私は日本史の勉強ではとにかく教科書を何度も何度も繰り返し読みました。
参考書なんかいりません。
教科書を何度も読み、適宜資料集などで視覚的に写真を見ていけば、センター試験の設問などはそこから出題されるのですから本当に解きやすくなります。

また、何度も繰り返していると忘れにくいです。
中間・期末といった定期試験勉強でそれをやっていれば、センターを意識した模擬試験のように出題範囲が広がっても、勉強し直す時は結構楽です。

センター直前くらいの頃は、用語を思い出す時に教科書のこのページのこの辺りにこの用語を説明する文章があったなと、単語そのものでなく教科書のページが視覚的に蘇って、そこから答えを導き出していました。

英単語に関しては少し日本史とは違いますが、例えば接頭語・接尾語などがあればその意味を押さえておく。
そうすれば、長文問題でもし知らない単語があっても意味を推測できます。
また、一つの単語を覚える時に、辞書を見て反意語や類義語などもチラッと見ておく。
ここであまりに躍起になって見てしまうと毎回大変なので、あくまで軽く見ておきます。

すると、長文問題とかでその時見た単語とかが出てきたりすると、ラッキーと思えたりします。
何となく意味が推測できさえすれば、センターなら長文問題を解く助けになります。

英単語も、ただ単に意味と単語を結びつけて覚えるのではなく、単語の接頭語・接尾語があるか見たり、その単語の派生語や類義語など横に広げて見ていくことを意識するだけで、インプットはよりされやすくなると思います。
あとは、当たり前かもしれませんが何度も何度も読んだり辞書を引いたりして、繰り返すことが一番です。

私が文系なので日本史と英語での話になってしまいましたが、これを受験勉強ではなく普段の勉強の時にもやることで、私は本番で自己ベストを出すことができました。
あくまで個人的な意見ですが、参考にしていただけたら幸いです。