塾のサピックスに3年間通ってみて

我が家は今春中学受験が終わり、第一志望校に進学いたしました(学校名は伏せますか都内で御三家と呼ばれる男子校です)。
通塾先は迷わずサピックスにし新4年生のコースから約3年間通いました。

サピックスはご存知のとおり、御三家を中心とした難関校向けの塾ですが、決して中堅校に対して弱い塾ではありません。

しかし、通常の授業が難関校レベルまで引き上げる難しい問題を解いており、中堅校レベルだとサピックスの自宅学習で毎日解く基礎トレ(算数ドリルのようなもの)で充分合格レベルに届いてしまいます。

よって、どうしても通う生徒さんの層が難関校志望者によって占められてしまうようです。
また、サピックスのカリキュラムは非常に効率的でムダがありません。

6年生の春頃までは「これで難関校の過去問を解けるのかな」と思うのですが、サピックスが謳う「スパイラル授業」は、6年生の夏からいっきに仕上げにかかってきます。
子どもたちがどんどん力をつけてきていっきに入試まで突き抜けていくのを親も感じました。

他の塾よりも面倒見が悪くクールな塾だと言われ、確かに手取り足取りではないですし、親が面談できるのは6年になってからですので、5年生までは保護者会終わりに少し質問できるくらい(各先生のところに並んで待ちます)といささか不安でした。

しかし、終わって振り返ると、5年生までは志望校うんぬんよりは日々のサピックス課題を確実にやり遂げ、分からないところはすぐ質問教室にいき、つまづきをなくすことが一番大切だと思います。
先生との志望校についての相談は6年になってからで充分です。

また、サピックスは毎月のテストでクラス昇降があり、一喜一憂がストレスになり辞めていくご家庭も多いです。
ただ、毎月実施されるので6年になると生徒はあまり気にしなくなります。

上位クラスのαクラスにいることが御三家や難関校に合格できる目安ではありますが、実際はαクラスに届かないすぐ下のアルファベットクラスからも難関校に合格しています。
先生は受験のプロで信頼できるので小さなことでも、電話などで相談してみると、的確なアドバイスが返ってきます。

カリキュラムはハードですし、途中休憩もないためお腹も空くでしょう。
しかし、ハードだからこそ入試当日は全く疲れず平気だったと子どもは言っていました。

お子さんの性格もあるので全員にとって最良の塾ではないですが、我が子もサピックス修了生も楽しかったと話しています。
お子さんにとって健康で元気に通える塾をご検討ください。

お子さんにとって最良の学校に合格できますように。