受験する学校を迷っている人へのアドバイス

小学校はともかく、中学、高校、大学受験となると、自我も芽生えており、受験に対して悩みも発生します。
これになるから、ここの学校に行かなくてはいけないと目標が決まっている人は学校の選定に苦労はしませんが、まだ目標が定まってなく、将来のビジョンも見えてない人は正直どこへ行ったらいいのか迷います。

特に同じような学校、その学校に行くと様々な道が開けるような普通科を狙う人は特にです。
そんな時にどう判断すべきか、アドバイス的に説明いたします。

もちろん、レベルの高い学校に入り、いい大学を出て一流企業に就職できれば将来・・・今は安泰ではないので、レベルの高いところを無理やり狙う必要はありません。
確かに安泰という確率はあがりますが、中には一流大学を出ても就職口がなく、就職浪人という可能性がゼロではありません。

それであれば、今を楽しみ、ゆっくりと将来を見据えたらどうでしょう。
身の丈に合う学校を選んで、できればそれほど勉学というものに時間を費やさずに済む、ちょうどよいレベルの学校を選ぶことをお勧めします。

それでできた時間の余裕を違う方面に向け、色々なことを経験し、自分というものを成長させてこれをやりたいというものを探してください。
無理やり勉強についていけない学校に行ったところで、1日中勉強。

心の余裕もなくなり、ここで病に倒れてしまっては元も子もありません。

悩むための時間を確保するためにも、余裕のあるほうへの選択をお勧めします。