塾に行かずに子どもの成績をあげるには

周りの子はみんな塾に行っているけど、そんなお金はないという人向けです。
まずは、塾の強みについて説明します。
塾に通うメリットは、なんといっても勉強時間が確保できること、さらに入試の傾向を分析した問題の演習ができることです。

しかし、これらのことは塾に通わずとも簡単にすることができます。
勉強時間を確保するためには、親が勉強をみてあげることが大切です。

子どもは勉強が嫌いなことが多いので、何かやる気にさせる必要があります。
お菓子をあげるなどでもいいのかもしれませんが、それでは長続きしないので、褒めてあげることがより良いでしょう。

ここで気をつけないといけないのは、褒めるのは成績ではなく、子どものがんばりです。
結果が出ても出なくても、勉強をがんばっていることに触れてあげましょう。

次に演習に関してですが、これは過去問を買ってあげるしかないでしょう。(受験生のみ)
過去問を何年分も解くと自分の頭で傾向の分析ができるので、塾で教えられるよりもチカラがつきます。

ここまでは、塾でできることの話をしてきましたが、塾に行かないからこそのメリットももちろんあります。
復習主体の勉強ができることです。

成績が最も上がるのは復習をしたときです。
塾に通わない分、やらされる勉強が減り、自分が分からないところや解けない問題の復習をすることができます。

子どもの勉強を見てあげる時間を作り、がんばりを褒めてあげることで子どもの成績向上を手助けしましょう。