短期間で記憶力がアップする方法とは!

短期間で記憶力がアップする方法は、身をもって体感すると記憶力がアップし、忘れないようになる。

例えば、国語のことわざを覚える時に、一石二鳥と言うことわざがある。
この意味は、一つ石を投げたら二羽の鳥が打ち落とせたという意味から作られた。

現代的には、お寿司を買ったら醤油が付いてくるみたいなものである。
このことわざの意味を覚えるためには、文字で覚えるより、実際に体感するとよい。

親から100円をもらって、お菓子を買いに行くとする。

いつもなら、食べたいお菓子が一つ100円する駄菓子屋さんで買っていたが、スーパーに行くと、食べたいお菓子と、二番目に食べたいお菓子が二つで100円で買えたとする。
そうすることにより、一石二鳥の意味なり、記憶力アップにつながる。

記憶力アップの方法には算数を使う方法もある。

毎朝、単純な算数の計算をすることにより、頭の回転がアップし、記憶力が良くなると言われている。

実際に、ある学校では、生徒たちに毎朝かかさず、百ます計算を実践させることにより、1年間で、毎朝百ます計算をしているグループとしていないグループでは、テストの点数が10点から30点も差がついてしまう結果になった。
記憶力アップは知識に繋がるので子供の頃からの習慣を大切にしたい。